クリニックでのわきが治療

クリニックなどで行うわきが治療には、メスを使って切らない治療方法が複数あります。代表的な治療方法は、レーザー・デオドラント法やミラドライ法、ビューホット法などがあり、専用の医療機器などを使ってにおいの原因をしっかりと治療していくことができるため、劇的に症状を良いものに変えていくことができます。クリニックで行うメスで切らないわきが治療の一つであるレーザー・デオドラント法は、直径1㎜のカニューレと呼ばれる管を挿入して、そのカニューレからレーザーをにおいのもとのアポクリン腺に直接当てるような治療を行います。直径1㎜ほどの傷がつきますが、すぐに傷が消えて跡が残らないため、安心して治療を行えます。また、この治療では、ボトックス注射も併用して治療をするため、多くの効果を期待することができます。ミラドライ法によるクリニックでの切らないわきが治療は、マイクロ波をわきにあてることによって、アポクリン腺などを破壊する方法です。皮膚に傷を全くつけないで治療をすることができるため、ダウンタイムがとても短いことが特徴的な方法になっています。重度のわきがにも効果があるため、ほとんどの人が満足できる結果を得ることができ、注目されています。

↑PAGE TOP